眼科医の知識の泉

眼科について知ろう!

Home

眼科医について

眼科医とは

眼科医とはその名の通り、眼を専門に扱い治療をする医師です。日本には歯科ほどではありませんが多くの眼科医院が存在しており、眼科医もたくさんいます。特徴としてはとても女性が多く、眼科医全体の4割は女性です。医療の現場では分業化が進み、総合医的な存在が少なくなってきた中、自身で目の病状を見極め治療をおこなうことができる眼科医は、患者との距離も近くやりがいがある仕事とも言われます。

目という小さな部分を扱っているため、比較的簡易な分野であるような印象を受けますが、眼科という分野は非常に専門性が強く、眼科の中でも更に専門分野が多く分かれます。

目にまつわる手術をおこなう眼科医から、研究職である人など、眼科に関わる人は多数います。学会でも研究結果は頻繁に報告されています。日本人の失明率は世界でも低く、これは日本の眼科の技術の高さを表しています。高い技術を持つ日本の眼科医によって私たちの目の健康は守られているのです。

http://www.dr-10.com/【眼科医の転職支援】

眼科医はどうやって探す

眼科はどの町にもありますし、探そうと思えば比較的簡単に見つけることができます。いまはインターネットのサイトで眼科の情報をまとめているサイトがあるので、住まいの地域で検索をすれば近くの眼科を見つけることができるでしょう。眼科医院はそれぞれ自身のインターネットサイトを運営しているところがほとんどであるため、名前や場所がわかれば、どのような雰囲気なのか公式サイトを覗いてみることでわかることは多いでしょう。

また、インターネットの情報では「口コミ」が重宝します。眼科の口コミで有名なサイトといえば”ウィメンズパーク”や”病院検索NAVI”などがあります。資金が豊富な病院は広告費をかけることで良いようにブランディングすることができますが、実際に治療を受けた患者の生の声によってリアルな良い点悪い点が見えてくるかもしれません。

コンタクトレンズを頻繁に買う人は、コンタクトレンズ購入のために処方箋を出す眼科が併設、もしくは提携しています。紹介してもらったところに行くのも良いでしょう。

眼科医で診てもらえる症状

眼科では目のトラブル全般を見てもらうことができます。一般診療といわれる区分では眼精疲労やドライアイといった誰もが抱える日常の目の不調や、アレルギー性の結膜の炎症などを見てもらうことができます。また、多い病気としては白内障などは軽度のものから手術が必要なものまであつかい、設備が整っていれば手術も執刀します。

メガネやコンタクトの購入の際に処方箋を受けることもできます。日本では処方箋が必須であるため、コンタクトを買う人などは頻繁に眼科に行く機会があるでしょう。多くはコンタクトショップやメガネ屋さんの中に併設されている事もあります。

また、専門のスタッフが在籍するところでは高度な治療も受けることができます。網膜・ガラス体・角膜などの専門外来を設置している眼科もあり、そおういったところには遠方からも患者が訪れます。レーザーなどの設備によっても白内障などの治療の幅は広がります。話題のレーシック手術なども眼科の一部で取り扱っています。