眼科医の知識の泉

眼科について知ろう!

Home > 白内障とは

白内障とは

白内障とは加齢により、水晶体のたんぱく質が変性して次第に白く濁っていく症状です。白内障の症状は、目の中の水晶体が白く濁る事に視力の低下が起こります。他の症状としては、目がかすんだり、光をまぶしく感じます。視力が低下して急にメガネの度が合わなくなったりしますから、眼科医の診察を受ける必要があります。

白内障は、症状に個人差はありますが加齢により誰でも白内障になります。白内障を発症したらまず眼科医に行って治療方針を相談して下さい。白内障が進行した場合には手術しか方法がありませんが、初期の場合には点眼や内服薬で進行を遅らせる事が出来ます。残念ながら治す事は出来ませんが進行を遅らせる事で何もしないよりは良い状態のはずです。

白内障の治療に関しては、素人判断は危険ですから定期的な検査を受け続ける必要があります。誰でも掛かる白内障の予防ですが抗酸化作用の強いポリフェノールやルテイン、ビタミンC、ビタミンEなどを積極的に摂って、予防しましょう。